協和ダンボール株式会社0573-28-3030
平日9時~12時/13時~17時
お届け日数決済方法送料返品不良品領収書

ダンボール迷路コンテンツ

ダンボール迷路が一部破損してしまったときについて

目次
  1. 破損してしまったときの対処法

1.破損してしまったときの対処法

いつも協和ダンボールのダンボール迷路をご利用いただきありがとうございます。

今回はダンボール迷路がイベント中に一部破損してしまったときの対処について紹介します。
破損してしまうゲートとして、子供が迷路内を走ってぶつかったため穴が開いてしまう、連結パーツが取れてしまうといったことが考えられます。
連結パーツをつけ直すことで治る程度のものであれば良いのですが、連結パーツをはめる穴が壊れてしまったとあれば問題です。
処置としては、クラフトテープで補強するが一番簡単で良いかと思います。
それでもどうにもならない、補強の跡が残るのは何か嫌だといった場合は、ダンボール迷路のパーツを1枚単位で購入するのがおすすめです。
スタンダードシリーズ、トールシリーズすべての迷路で購入できます。
困った際にご利用ください。


ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.11.24
  • 14:24

文化祭にもおすすめ!! ダンボール迷路

目次
  1. 文化祭の出し物としておすすめな理由

1.文化祭の出し物としておすすめな理由

文化祭の出しものに迷路が挙げられると思います。
ダンボールを用いて制作することが多いのではないでしょうか。
いざ制作となって問題となるのは迷路本体に使用するダンボールの準備だと思います。
準備というとスーパーなどから無料のダンボールを貰ってくるといったところでしょうか。
無料のダンボールでは、寸法が不揃いであったり、必要な数が確保できないといった問題が起こる可能性があります。
もちろんそういったダンボールを使用して制作することこそ文化祭の醍醐味であると思います。
しかし、迷路の装飾や色塗り、絵を描くなどの活動の方に時間を割きたい場合という意見もあるのではないでしょうか?
そういった方にダンボール迷路スタンダードをお勧めします。
25マスで30,000円(送料込、税込)で販売中です。
幅4m、奥行き4m、高さ1m程度と教室内に収めることができます。



文化祭の出し物としていかがでしょうか?


ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.11.24
  • 14:24

写真撮影にも最適!!協和ダンボールのダンボール迷路

目次
  1. 協和ダンボールの迷路が写真撮影に向いている理由

1.協和ダンボールの迷路が写真撮影に向いている理由

今回はダンボール迷路を写真撮影の面から注目して記事にしてみました。
ダンボール迷路を用いたイベントで、写真撮影をする際に背中や頭ばかりでどうにも子供たちの笑顔が撮りづらいといったことはありませんか?
原因として、迷路の性質上、写真撮影をする際は上から撮影することになります。
そうなると、子供たちの背中や頭で、顔を撮影しづらくなってしまいます。



協和ダンボールの迷路には、見守り窓という穴が迷路に開いており、この穴を通して写真を撮影することで、遊ぶ子供と同じ目線で笑顔を狙うことができます。



また、高身タイプでは、顔だけではなく、遊ぶ子供の全身を正面から撮影することができます。




ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.11.16
  • 10:42

ダンボール迷路ってすぐに壊れない?

目次
  1. ダンボール迷路ってすぐに壊れない?

1.ダンボール迷路ってすぐに壊れない?

ダンボール迷路をイベントで使用したいけど、すぐに壊れてしまいそうで怖い、と思っている方がいらっしゃるかもしれません。
協和ダンボールの迷路では耐久性を確保するための工夫が施してあります。
ダンボールはダンボール迷路スタンダードR3では3mm、ダンボールの迷路トールシリーズでは5mmのものを使用しています。
他の企業の迷路では厚さ8mmのものを使用しているのがあったから、そっちの迷路の方が頑丈ということ?と解釈されるかもしれません。
しかし、ダンボールの頑丈さは厚さだけでは決まりません。

ダンボールは表裏の紙となみなみの紙で構成されています。
協和ダンボールの迷路では表裏となみなみで使用する紙を一般の輸送で使用するものよりも硬くて頑丈なものを使用しています。
これによって迷路に高い耐久性を持たせています。
実際に毎年2週間規模で迷路のイベント(スタンダードR3を使用)が催されていますが、その際に軽い補修は見られましたが大きな破損は起こったことがありません。
耐久性においては安心していただけるかと思います。


ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.11.15
  • 11:22

ダンボール迷路 どれを選べば良い? 選び方の基準!!

目次
  1. ダンボール迷路の種類
  2. どの迷路を選ぶか

1.ダンボール迷路の種類

現在、協和ダンボールには3種類のダンボール迷路があります。 1つ目はダンボール迷路スタンダードR3(以下、STR3)です。
1マス当たりの大きさが720x720x1000で人が通ることのできる間口が800x500です。

2つ目はダンボール迷路トールR3(以下、TLR3)です。
1マス当たりの大きさが748x748x1630で人が通ることのできる間口が1480x530です。
ダンボール迷路トールR3
3つ目はダンボール迷路トールR4(以下、TLR4)です。
1マス当たりの大きさが786x786x2100で人が通ることのできる間口が1950x568です。
ダンボール迷路トールR4

2.どの迷路を選ぶか

さて、迷路を選ぶ基準についてですが、開催するイベントがどの年齢層をターゲットにしているのかといった観点から考えられます。
幼稚園児や小学校低学年を対象としたイベントであれば、STR3、
小学校高学年以上を対象としたイベントであれば、TLR3、
といったように分けられます。
小学校高学年以上を対象としたイベントの中でも、大人もスムーズに入れるようにしたいといったことであればTLR4も選択肢に入るかと思います。
もちろん、大人もかがめばSTR3内に入ることはできますので安心してください。


ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.11.14
  • 15:59

ダンボール迷路をお化け屋敷に!? オプションパーツ登場!!

目次
  1. ダンボール迷路をお化け屋敷にするには?
  2. オプションパーツ紹介

1.ダンボール迷路をお化け屋敷にするには?

以前ダンボール迷路トールR4をお化け屋敷にしてみたいという要望がありました。

ダンボール迷路トールR4って何?という方は下記記事をご覧ください。

大人も楽しめる、ダンボール迷路トールR4

お化け屋敷にするには迷路内を暗くしないといけません。弊社のダンボール迷路は天井と壁に見守り窓が開いているため、光がしっかりと入り込んできます。



天井と壁の見守り窓をふさぐことで迷路内を暗くすることができると考え商品を開発しました。

2.オプションパーツ紹介

開発した商品が迷路の目張り(以後、目張り)とダンボール迷路トールR4用屋根(以後、屋根)です。



目張りは見守り窓、屋根は天井からの光を遮ることができます。
組み合わせて使うと迷路内を暗くすることができます。

オプションパーツによって迷路内を暗くすることができました。
いつもとは違ったダンボール迷路であそんでみませんか?


オプションパーツのお買い求めはコチラ
 

  • 2022.09.13
  • 16:34

ダンボール迷路に取り付け可能な扉が登場!!

目次
  1. 迷路の扉とは

1.迷路の扉とは

今回は2022年の夏に発売された迷路の扉を紹介します。
迷路の扉はダンボール迷路トールR4に取り付け可能な扉のパーツです。
ダンボール迷路トールR4って何?という方は下記記事をご覧ください。

大人も楽しめる、ダンボール迷路トールR4

迷路の扉は扉を180度開閉させることが可能です。


謎解きゲームや扉を2つ用意して行う〇×クイズゲームなど様々な用途でご利用いただけます。


迷路の扉のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.09.08
  • 09:59

コロナ渦でのイベントにダンボール迷路は大丈夫か?

目次
  1. ダンボール迷路がコロナ渦で心配される点
  2. コロナ対策について

1.ダンボール迷路がコロナ渦で心配される点

イベントでダンボール迷路を開催したいけどコロナウイルスの感染が心配と思っている方はいませんか?
確かにダンボール迷路は四方がダンボールで囲まれており、空気の滞留を起こしていると考えられます。
この心配を協和ダンボールのダンボール迷路では解消しました。

2.コロナ対策について

協和ダンボールのダンボール迷路ではダンボール迷路のすべてのカベにひし形の穴(通称:見守り窓)を開けています。
これによって自然風やサーキュレーターで風を送り込むこともでき、換気を行うことができます。


以上のことから、コロナ渦でのイベントにダンボール迷路は問題なく使用できます。
※迷路をイベント利用する際は安全のため迷路のスタート前に消毒などの用意をお願いします。


ダンボール迷路のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.09.05
  • 13:22

大人も楽しめる、ダンボール迷路トールR4

目次
  1. 高さ2m越えの巨大ダンボール迷路
  2. 繰り返し設置と分解収納が可能
  3. 安心・安全への工夫

1.高さ2m越えの巨大ダンボール迷路

従来より大人がラクラク歩いて通ることのできる迷路を発売してほしいとの要望が多くありました。
実現したのが今回紹介するダンボール迷路トールR4(以下、トールR4)です。
高さを約2mと大きく設定したことで185cmの男性でも頭を擦ることなく歩いて通ることができます。かがむ必要がないため、長時間での首や腰が痛くなる、目線が下がり前方が見えづらいなどといったことがなくなりました。
子供向けだけでなく親子・大人向けのイベントで大活躍です。

2.繰り返し設置と分解収納が可能

トールR4の組み立てはとても簡単です。カベパーツ、通路パーツの2つのパーツを連結パーツ(プラスチックのジョイント)で固定していくのみ。

撤収する際も、連結パーツを外していき、カベパーツと通路パーツを折り畳んで収納します。繰り返し使用も可能です。

3.安心・安全への工夫

安心してご利用いただけるように、見守り窓と非常口がついています。トールR4では見守り窓をを大人からの目線、子供からの目線、床に近い目線で迷路内を見守ることができるように3つ導入しました。様々な目線からのぞくことができ、写真撮影は勿論のこと要救護者の発見にも役立ちます。自然風やサーキュレーターで風を送り込むこともできるため、コロナ渦でも安心してご使用いただけます。

非常口には窓とは別にミシン目が入っており、切り取ることができます。非常時の脱出、負傷者や迷子の救助の他、看視の強化、換気にご利用いただけます。切り取りに道具は必要ありません。



ダンボール迷路トールR4のお買い求めはコチラ
 

  • 2022.09.06
  • 09:03

保育園様、幼稚園様、こども園様からの段ボール迷路のご注文


目次

  1. 保育園様、幼稚園様、こども園様とのお取引実績
  2. ・直近1年間のお取引('21年7月~’22年6月)
    ・型式とマス数
    ・スタンダートとトール、どっちがいい?
    ・予算はどれくらい?


  1. 保育園様、幼稚園様、こども園様とのお取引実績
  2. ・直近1年間のお取引('21年7月~’22年6月)
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 50マス
    トールR3 50マス
    スタンダードR3 50マス
    スタンダードR3 75マス
    スタンダードR3 50マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 25マス
    スタンダードR3 50マス
    スタンダードR3 25マス
    ご注文時の情報から推測した期間中の実績は以上です。
    保育園のイベントで迷路をお探しの方は結構多く、「繰り返し使える」という類似品もありますが、床に敷くマットを別途用意する必要があったり、保管するスペースがなかったりと、コストも含めて弊社製品をお選びいただく例が多くあります。
    コロナによってイベントも激減し、ご注文も激減してしまいましたが…
    組み立てができなかったとか、事故が起きたとの報告は一件もありませんのでご安心ください。

    ・型式とマス数
    全てのお取引を見るとトールが半数に迫る勢いですが保育園様向けではスタンダードが主流です。
    マス数も25マス多いようです。
    丁度、教室1つ分くらいの感じでしょうか。


    ・予算はどれくらい?
    '22年7月現在、ダンボール迷路スタンダードは25マスで30,000円(送料込、税込)で販売中です。

    ・どんな季節、どんなイベントに人気?
    弊社の場合、迷路全体では年明けから春、夏、秋と需要が伸び、冬を迎えて12月や1月あたりが閑散期となります。
    保育園様からのご注文もこれに似た需要と考えています。
    イベントは多種多様ですが、新入園児を迎えてのお楽しみ会、晩春から初夏でのイベントで大きな山が来て、夏祭り、秋祭り、文化祭でもご使用いただいてると思います。
    園というより、PAT様名義のご注文が大半です。

    ダンボール迷路スタンダードR3の詳細、ご注文はこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日

QR

ページトップへ