カートをみる マイページへログイン お問い合せ サイトマップ

ダンボールの種類


ダンボールの構造
 ダンボールの構造について説明しましょう。
段の山のことをフルートといいます。 衝撃の吸収と、圧力に対する強度を高める役割をしています。また、フルートに貼り付けられている紙のことをライナといいます。このふたつの組み合わせにより、ダンボールは出来ています。
 ダンボールの構造上の種類は一般的には3種類に分類されます。
ダンボールの構造



 
片面ダンボール 両面ダンボール  複両面ダンボール




フルートの片側にライナを貼り合わせたもの。引越しなど商品を保護するときに使われます。


フルートの両面にライナを貼り合わせたもの。一般的に使われているダンボールの構造です。


一般的にはフルートを3層にして使用。非常に頑強で特殊なダンボールです。
片面ダンボール 複両面ダンボール
複両面ダンボール
 
Aフルート(5mm) Bフルート(3mm) ABフルート(8mm)

一般的なダンボールの厚さです。強度にも優れており、おすすめの厚さです。

本や雑誌など、軽いものによく使用されます。 強度・厚さ的に、中間ぐらいになります。

一般的に、海外輸出用や重量物の運搬に使用します。
5層構造で強度も高く、強度は5mmタイプの1.5倍程度あります。
Aフルート Bフルート ABフルート
プライバシー・ポリシー特定商取引法に関する表示
© 2002 協和ダンボール株式会社

ページトップへ