カートをみる マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
お電話でのお問い合わせ 0573-28-3030 平日9:00〜12:00/13:00〜17:00

他社ダンボール迷路との比較

 
他社ダンボール迷路との比較
※1
 


A社

B社




総額 ※2 ※3 98,960円 95,580円 52,250円 108,900円
マス単価 1979.2円 1944円 1045円 2178円
寸法
大人の利用
這って入る


這って入る


這って入る


歩いて入れる
子供をおぶったままでもOK
材質 ※4
AB段
構成未調査

AB段
構成未調査

B段
短期使用とコスパのため薄手のB段を採用しつつ、新設計により使用中の破れを大幅に削減!
保管時の体積もAB段の約3割と超コンパクト

A段
送料削減と扱いやすさを保つためA段を採用しつつ、原紙を強化することで強度を確保。繰り返し利用も可能に!
保管時の体積もAB段の約6割とコンパクト
連結方法 プラスチック製連結パーツ プラスチック製連結パーツ クラフトテープ プラスチック製連結パーツ
再利用
敷物
別途準備が必要

別途準備が必要

フラップが敷物代わりになるので準備不要

歩いて入場するので不要
※1 各社のダンボール迷路49マスまたは50マスを東京へ配送した場合の価格の比較です。
※2 すべて弊社調べの情報です。販売元Webサイトで公開している情報を元にしています。調査日2018/8/31。
※3 消費税込み。決済手数料別。送料別商品の場合は東京都内への送料を含めた価格を表示しています。数量によって割引などが発生する商品もあります。
※4 別記“構成の解説”をご参照ください。

構成の解説



「ダンボール迷路スタンダード」
では、ライナー、中しん、共に最も一般的な、表K5x中しんS120x裏K5という原紙を採用しています。
短期利用がメインであるスタンダードにおいてはコストと強度のバランスが最良です。

「ダンボール迷路トール」では中〜長期の利用と繰り返し利用を想定して表K6x中しんP180x表K6を採用しています。
表裏は1ランク、中しんは3ランク高いものを選定することで強度を保持しています。
他社迷路ではAB段が主流ですが、扱いやすさ、重量、保管、送料の観点からA段を強化することで対応しています。

2018/9/3
プライバシー・ポリシー特定商取引法に関する表示
© 2002 協和ダンボール株式会社

ページトップへ